delifas!  healthylife tips No6

「老化、不調の原因・・・体を酸化させる、活性酸素って何?

様々なところから、健康にまつわる情報が発信される中で、
最近、よく「活性酸素」というワードを、耳にしませんか?


近代の研究では、老化と病気の9割は、活性酸素が原因とも言われています。
何かカラダに”良くないもの”とはイメージできても
一体どんなものなのか?どう良くないのか?そして、対策についてもお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「活性酸素」ってなに?

実は、呼吸から取り込む空気にも約2〜3%、活性酸素は含まれています。
活性酸素自体は、細菌やウイルスなどを撃退する働きがあるのですが
必要以上に増えすぎてしまうことでカラダの正常な細胞や、遺伝子までも攻撃し、傷つけてしまうことが問題となります。

その攻撃力や破壊力から”酸素毒”とも呼ばれており、
肩こり、便秘などの不定愁訴から心疾患、脳疾患、がん、動脈硬化、高血圧、アレルギー性皮膚炎、、、、など
200種類以上の疾患との因果関係が確認されていて
現代人の免疫力低下に大きな影響を与えています。

また、活性酸素は、老化現象にも影響を与え
白髪、認知症や、肌のシミ、シワ、たるみなどを引き起こす原因ともなっています。


「活性酸素」が増えすぎてしまう要因

ではなぜ、活性酸素は増えすぎてしまうのでしょうか。
活性酸素を作る要因としては

食品添加物、農薬、遺伝子組換え、トランス脂肪酸、食べ過ぎ、飲み過ぎ、肉や魚の焦げなどの《内的要因》と
ストレス、睡眠不足、過労、電磁派、大気汚染、紫外線などの《外的要因》が考えられています。

また、喫煙は、前者の2大要因に匹敵する割合で、活性酸素を作るとされています。

現代では、ストレスなどの外的要因を減らすことは難しいと考えられます。
そのため、口に入れる食べ物に気をつけて、いかにして内的要因を減らしていくのか
また、活性酸素を除去していけるのかということが、大切となります。

delifas!のファスティングでは、食事量を最低限に減らすことで、活性酸素の発生が必然的に抑えられます。

また、ファスティング期間中の、ジュースやスープ、サラダには、活性酸素を除去にも効果の期待できる、

抗酸化作用の高い食材も多く使用しております。


次回は、今回の続きとして、気になる「活性酸素の対策」
具体的な食事の気をつけるポイントについて、お話しします