delifas!  healthylife tips No11

「注目の発酵食品*甘酒」

近年、発酵食品ブームと共に、注目されている一つが甘酒です。今回はダイエットや美容にもいいと言われる甘酒についてその魅力をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人気の甘酒、そもそもどんなもの?

■夏を乗り切る飲み物だった

お正月や冬の出店で甘酒を見かける機会も多く、温めて飲むイメージが強いかと思いますが、本来「甘酒」は夏の季語ともされ、冷やして飲むものでした。

60度を超えると、麹の酵素が活動を失うため、酵素の効果が期待できなくなってしまうものでもあります。

「飲む点滴」との呼び名もある甘酒には、病院の点滴ともほぼ同じ成分が含まれるとも言われており、江戸時代には夏バテ防止の目的で飲まれていたと言います。

 

■甘酒には2つの種類がある

甘酒には、米、麹からつくられた麹甘酒と、白酒とも呼ばれる酒粕をお湯で溶きたくさんの砂糖を加えて作る酒粕の甘酒の2種類があります。

後者には、砂糖が含まれ、前者では麹の力だけの甘さで作られており、今注目され話題となっているのは酵素も含まれている麹甘酒です。

しかし、麹甘酒であっても酵素が生きているのは「生」の甘酒です。一般的に「生」の甘酒を流通させることは難しく、市販のものは火入れされているため、酵素の効果も求めるのであれば手作りの甘酒である必要があると言えるでしょう。

「米麹でつくる甘酒」

前述したように、麹から作る甘酒であれば、アルコール成分を含まずアルコールの苦手な人でも安心して飲めます。また、麹由来の甘さがあるため、砂糖など加える必要がなく、酒粕の甘酒に比べてカロリーを抑えることができます。比較的、手作り、市販品ともに割高にはなってしまいますが、酵素の効果も期待できるため、ダイエットや美容などの目的で甘酒を取り入れる場合には、麹甘酒を選ぶようにしましょう。

市販品を購入する場合には、原材料にお米と米麹のみのも、砂糖など余計なものが含まれないものを選ぶように注意しましょう。

「酒粕でつくる甘酒」

酒粕の甘酒も酵素が含まれないことを除けば、どちらの甘酒にもコウジ酸やビタミン群などの栄養素は豊富に含まれており、食物繊維やたんぱく質の量としては、米麹の甘酒より多く含まれているとも言われています。

ただし、酒粕から作る甘酒には砂糖を加えなければ甘さがないため、ハチミツなど自然な甘みや、生姜などを加えて味に変化をつけるなど、砂糖を控える工夫をして取り入れるように気をつけましょう。また少量のアルコール成分が含まれている場合が多く、お子様などアルコールの苦手な方には注意が必要です。作りやすさや価格の面を考慮すると、好みや目的に合わせて選ぶのも良いでしょう。

 

甘酒のチカラ

ここでは麹甘酒を前提として、その期待できる様々な効果をご紹介いたします。

■疲労回復

甘酒は米麹を分解して作られるため、含まれる糖分にはブドウ糖が多く、エネルギー源として利用されやすいドリンクです。

たんぱく質を構成するアミノ酸や、疲労回復に効果的なクエン酸もビタミンB群と合わせて摂ることができるなど、栄養価も高いので、疲労時や風邪などの栄養補給には最適と言えます。

 

■ダイエット

甘酒に含まれるビタミンB1は糖質の代謝、ビタミンB2には、脂肪の代謝を促す働きがあるため、ダイエットを助けてくれる働きも期待できます。また、米麹に含まれる多くの酵素も代謝を促進に働きます。

ダイエット時どうしても甘いものが欲しい時、間食の代わりとして甘酒を取り入れるのもいいでしょう。

 

■美肌

甘酒には美白成分とも言える、コウジ酸が含まれます。コウジ酸は麹菌が作り出すもので、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあり、美白効果が期待できます。

さらに甘酒には新陳代謝を促すビタミンB群 、肌を作る元となるアミノ酸も豊富に含まれるため、肌の生まれ変わりを促します。また、整腸効果も期待できる甘酒は、吹き出物などの解消にも効果的と言えます。

 

腸内をキレイにする・便秘解消

腸内細菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖が甘酒には含まれるため、腸をキレイにし、便秘の改善にも効果が期待できます。

また、甘酒では、出来上がるまでの段階で、麹菌が米のデンプンやたんぱく質を分解してくれているため、ヒトの消化吸収に必要な負担が少なくてすみます。

 

甘酒についての疑問

①気になる甘酒の糖質は?

栄養豊富な甘酒ですが、ダイエット時など気になるのは糖質量かと思います。

甘酒グラス一杯の200mlあたりの糖質量を、他の飲み物と比較してみた結果がこちらです。

*甘酒・・・・・・・・・・・・・・・37.4g(内食物繊維量0.8g)

*コーラ・・・・・・・・・・・・・・22.8g(内食物繊維量0g)

*オレンジジュース(濃縮還元)・・・22.8g(内食物繊維量0.4g)

甘酒の糖質量は清涼飲料水などと比べてもかなり高いことがわかります。

ただ、甘酒は濃度が濃く、一回量としても、半量の100ml程度が適量とも言えるため、実際の糖質の摂取量としては上記の半量程度と言えるでしょう。

また、甘酒に含まれる糖質には食物繊維も含まれますし、自然に作られるブドウ糖のため、上品な甘さを感じることが出来ます。

 

②飲むだけじゃない甘酒の取り入れ方って?

甘酒の甘みを生かして、調味料として砂糖の代わりに使用することができます。

味噌や醤油、酢など他の発酵食品との組み合わせの相性も良く、砂糖よりも自然の甘さで、栄養素や旨味も多く含まれるためお勧めです。また、飲みきれず余ってしまった甘酒があれば、肉や魚をつけておくことで、おいしく再利用することができます。

麹菌の力で肉や魚のタンパク質が分解されるため、柔らかく自然な甘みで、美味しい変化を感じられます。また、甘酒を使用した洗顔法や、酒粕を使用した化粧水などもあり、スキンケアから甘酒を取り入れることもできます。

 

③甘酒のアレンジ方法が知りたい

そのままでも美味しい甘酒ですが、色々なものと合わせてお好みの飲み方を探すのも楽しいです。

豆乳と甘酒を1対1(分量はお好みで)くらいの割って飲む甘酒豆乳は飲みやすくオススメです。そこにココアや、生姜とシナモンを加えるなどアレンジもできます。

また、イチゴやリンゴ、小松菜などフルーツや野菜と一緒にスムージーとして飲めば、甘酒に不足するビタミンCも補えるため、美肌効果などもより高まります。酵素の生きた甘酒であれば、甘酒の中に角切りにしたフルーツを1〜2日漬けて、冷蔵庫に入れておくと言ったアレンジ方法も可能です。

 

④甘酒ってファスティングにいいの?

甘酒のみで行うファスティングもあるようですが、甘酒自体の糖質は高いため、ダイエット目的で行うにはあまりお勧めはできません。

しかし、消化の負担も少なく、栄養価も高いため、食事量を調節してファスティング前後に少量ずつ取り入れるには有効と言えます。

食事法として甘酒を使用するなら、朝食を甘酒に置き換える甘酒ダイエットなどもあるようです。

甘酒は一度の摂取量が多いと、急激に血糖値の上昇させることが心配されますので、一回量は100ml程度に抑え、豆乳などで割ったり、水分も合わせて摂れれば、食べ過ぎた時の調整食としてお勧めです

 

 

甘酒の魅力を感じていただけましたでしょうか?

それぞれの食卓に合った方法で、発酵食品「甘酒」を是非取り入れてみてください。