Please reload

Recent Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Featured Posts

パプリカのマリネ

August 21, 2015

ヘルシーポイント 

パプリカは大型で果肉が厚いピーマンの一種で、緑黄色野菜でカロチンが豊富。色によって栄養も異なります。パプリカにはビタミンCが壊れるのを防ぐ栄養ビタミンPが含まれているため、加熱調理してもビタミンCが壊れにくいうれしい食材です。

さらにビタミンPは壊れにくくするだけでなく抗酸化作用を減少させる効果を持っているので、体の老化を防いだりする効能があります。

 

■赤パプリカ

唐辛子にも含まれるカプサイシンと呼ばれる赤い色素を含んでいるので、β-カロテンよりも高い抗酸化作用があると言われています。また、新陳代謝を活発にする作用があるため、冷え性や疲れやすい方の疲労回復にもオススメです。赤ピーマンは3種類の中でも一番甘味が強く、特にビタミンCの濃度は緑ピーマンの2倍もの量を含んでいます

■黄パプリカ

シミやソバカスを防ぐビタミンC、肌の老化を防ぐルテインが豊富に含まれています。

■オレンジパプリカ

赤と黄色のパプリカの要素を両方含むオレンジ色のパプリカは3種類の中でもっとも栄養が高いと言われています。栄養面ならオレンジが一番。

 

 

そして、マリネ液に使用したシナモンは血液の流れを良くして、消化を助ける効果があります。そして、空腹感と甘いものが欲しくなることを抑えてくれます。ほんのひと振り習慣をお料理にも試してみてはいかがでしょうか?

 

 

【材料2人分】1人分 kcal

・赤パプリカ 1個 (約150g)

・黄パプリカ 1個 (約150g)

・シナモン 少々

(マリネ液)

・EVオリーブオイル… 大匙1/2

・白ワインビネガー… 大匙1/2

・レモン汁…大匙1/2

・マスタード…小さじ1/2

・はちみつ…小さじ1

・シナモン…少々

 

 

【作り方】

1、赤パプリカ、黄パプリカは焼き網にのせ、強火で表面が真っ黒になるまで焼く。粗熱が取れたら焦げた黒い皮をむき、縦半分に切ってヘタと種を取り、縦細切りにする。 皮剥きすると口当たりがまろやかになり甘味もでますが、面倒な場合は、皮付きのまま食べやすい大きさに切ってラップをして、600wで1分ほどレンジにかける。

2、ボウルに、マリネ液の材料を入れてよく混ぜ合わせ、さらに赤パプリカ、黄パプリカ、加えて混ぜ合わせる。食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておき、器に盛ってシナモンを少し振りかけて完成。

 

Please reload

Follow Us
Please reload

Search By Tags
Please reload