そもそもファスティングって?

 

食べるという行為は栄養素をカラダに取り込むために必要不可欠なことなのですが、一方でその食べたものを消化、吸収、細胞の修復、排泄という代謝をおこなうのにカラダは日々稼働しなければいけません。

さらに、普段の生活の中で、“会食や外食が多い”、“暴飲暴食が続いている”“脂っこいもの、塩辛いもの、甘いものを食べることが多い”、“野菜の摂取が少ない”などの食生活が見られると、カラダは酷使され、内蔵の疲労、腸内環境の悪化、代謝酵素不足、毒素の蓄積などが原因でカラダの機能低下につながります。

その結果、「風邪をひきやすい」「疲れやすい」「太りやすい」「肌荒れしやすい」などの不調を引き起こします。さらには、カラダの酸化されやすいくなり、老化も進みやすくなります。

そうならないために、カラダ環境を改善するのがファスティングです。